深部下肢静脈血栓症の治療方法

■深部静脈血栓症の治療方法

発病後間もない時期には、血栓溶解薬を注射して、血栓を溶かす治療が行なわれます。

フォガティ・カテーテルという風船つきの細い管を血管内に挿入して
血栓を取り除く治療が行なわれることもあります。

発病から時間がたち、下肢の腫れやむくみが残るときには、
空気波動マッサージ(ハドマー)や弾力ストッキングを着用します。

【関連記事】
深部下肢静脈血栓症について
深部下肢静脈血栓症の症状
深部下肢静脈血栓症の原因
深部下肢静脈血栓症の予防法
深部下肢静脈血栓症になりやすい人って?

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.